東京・名古屋間の格安高速バスを利用してみたが・・・。

最近、高速バスが熱いと言われているようなので、
東京・名古屋間の路線で自分も試してみた。
楽天トラベルの予約では、1番工夫してそうなのが、
≪横3列・縦9列 足元ゆったりシート≫ 座面幅47cmというコピーの
旅の散策ツアーズだった。

主催       :富士興商(株)旅の散策ツアーズ
バスタイプ    :3列シート

往路乗車場所  :名古屋駅新幹線口 ゆりの噴水前道路沿い
出発時間     :08:10
集合時間     :07:55
下車場所     :新宿駅周辺 13:30頃着
基本料金     :3500円

往路乗車場所  :新宿西口スバルビル側道路沿い
出発時間     :16:30
集合時間     :16:10
下車場所     :名古屋駅周辺 22:00頃着
基本料金     :3500円

自分の最初の疑問は、集合とはどんな形になるのかというものだった。
ゆりの噴水前はツアー客などの集合場所になっており、
旗を持ったおねえさんたちと乗客がいっぱいいるのだが、
この高速バスに関しては、そこで集合するのを待つというものではない。
単に何台か止まっているバスの中から自分の乗るバスを探して、乗るだけだった。
朝、名古屋を出る便はどうも折り返し便のようで、
早く着き過ぎるとまだ運転手が仮眠中で、バスに乗せてもらうことはできない。
そして、集合時間なんて無視して、出発時間ぎりぎりまでこない乗客が何人もいた。
楽天トラベルからの注意事項として
乗車時に【予約確認書】と【領収書】を提示とあったが、
実際には往路復路ともそんなものはまったく要求されなかった。
ただ乗車口で名前を言って、指定になっている席を教えてもらうだけだ。
シートは確かに多少は余裕があるという気はした。
バス内にトイレはなく、移動中、2時間に1度、
SAで15分間のトイレ休憩が設定されている。
ルートに関しては、なぜか、どこにも言及はされていないのだが、
往路は中央高速道路経由、復路は東名高速道路経由だった。
往路、復路で運転手は違う人だったが、
一般車はもちろん、スピードなんて気にしないはずの長距離トラックも
どんどんちぎっていたので、どちらもかなりスピードが出ていたと思う。
往路で山梨県に入ってから、自分の乗っているバスが、
新宿行きの高速バスを軽く4、5台は追い抜いていた・・・。
到着時間はもともと余裕をみた設定になっていたのかもしれないが、
往路復路とも30分近くは早く到着していた。
外はあまりよく見えなかったので、
運転が乱暴かどうかまではわからなかったのだが、
あまりスピードを出されると・・・と思うひとには向かないだろう。
道中、ちょっと気になったこととして、
往路のバスでは感じなかったのだが、
復路のバスではホームレスくんのような臭いがして、ちょっとくさかった。
最初、近くで靴をぬいでくつろいでいるおやじのせいかとも思ったのだが、
自分の座っていた後部だけでなく、前の方に行ってもなんか臭ったので、
おやじのせいではなく、車両自体に臭いがついていたのかも・・・。
新幹線利用の1/3程度の料金を考えると
2倍以上の時間がかかっても利用してもいいような気はするが、
一点だけそれはどうなんだとカチンときたことがある。
それは復路の運転手の態度だった。
定刻より若干遅れてきて、さあ乗車という段になって、乗車口のところまで行くと、
運転手が乗客の名簿を見ながら、
こちらのほうを見もせず「名前は?」と言う。
はあ?
お客様に「名前は?」なんて聞くサービス業があるかよ!バカじゃないのこいつ?
職業に貴賎の別はないと考える自分だが、
高速バスの運転手の中にはこういう恥さらしがいるというのも事実だ。
自分の乗ったバスは往路復路ともほぼ満席で、
運行会社もちょっと調子に乗っているのかもしれないが、
最低限の乗務員教育くらいはやっておかないと、
そのうち手痛いしっぺ返しをくらうと思うぜ・・・。
あとで気がついたが、
楽天経由で予約すると座席指定はできないが、
旅の散策のウェブサイトで予約すると座席指定ができるので、
そちらのほうがいいかもしれない。
(予約済席が男性か女性かわかるようになっているのが笑える。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い