南千住の「ホテル丸忠 CLASSICO」泊まってきました・・・。

最初、自分も参考にしていたサイト、
「3,500円以下で泊まる!東京の格安ホテル」の女性管理人一押し!という
「ホテル丸忠 CLASSICO」に泊まってきた。
まず、ヒカリ、アクセラとの根本的な違いに驚かされる。
ここでは部屋まで自分の靴で行くようになっていた。
確かにホテルに出入りする際、
いちいちロック式のゲタ箱から靴を出し入れするのは面倒なので、
この方式のほうが合理的だろう。
また、部屋の仕様は標準的だが備品に関しては、
目覚まし時計、ドライヤー、鏡とこれまでで1番充実している。
画像

画像

そして、ロビーには2台のPCが置かれており、
それを無料で使用できるのも評価できる。
(Windows機ではなくマック機というのは意味不明だが・・・。)
トイレ、洗面台のハードに関してはアクセラとほぼ同等だが、
洗面台には紙コップが置かれており、歯磨きの時にありがたかった。
格安ホテル紹介のサイトとしてはよくまとまっている
「3,500円以下で泊まる!東京の格安ホテル」一押しだけあってか、
見かけた女性客の姿がこれまで泊まったヒカリ、アクセラよりも多かった。
さてプラス面はこのぐらいとし、マイナス面も指摘しておきたい。
自分的にはどちらでもよかったが、
まず無料のAVチャンネルはここには無い。
(ヒカリ、アクセラにはあり。)
敷布団のシーツがボックスタイプでなく、フラットタイプで、
自分で端を巻き込んで敷かなくてはいけないのでちょっと面倒くさい。
そして、部屋の構造に致命的な欠陥があった。
確かに各部屋では換気の制御ができないビジネスホテルも存在するが、
ここもクーラーの脇に設置されている小さいファンがまわりっぱなしで、
ゴーという音が四六時中している。
画像

自分は音にはかなり敏感で、
備え付けの冷蔵庫も寝る時には電源を切るくらいなので、
これには非常にげんなりさせられた。
念のためフロントでも確認したが、止めることはできなかった・・・。
お風呂に関しては、アクセラよりもヒカリに近い構造だったが、
ここでも自分はがっかりさせられることになる。
午後11時15分過ぎから男性の利用時間となって、
自分はその時間帯の1番乗りだったが、
既に湯船に長い髪の毛やら垢が浮いてすごく汚い。
お湯を循環させる装置のどこかに問題があるのか、
たまたまこの日の客の中にすごい汚ギャルがいたのかは不明だが、
こんな汚いお湯の風呂は初めて見た。
CLASSICOは非常に優れた点がある反面、
致命的な欠陥があり、評価がちょっと難しい。
トップはバカだが現場ががんばっているというか、
このホテルにはまったく性質の違うふたつの意思があるように感じるのだ。
ただ、まあ、自分としてはあのファンを何とかしない限り、再訪することはないだろう・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0