旅の散策の朝便3(サービスエリア巡り)に乗ってきました・・・。

旅の散策の高速バスを何度か利用しているのだが
ずっと気になっていた「名古屋→新宿 朝便3」を使ってみた。
「あえてゆっくり、時間を楽しむ 進化したサービスエリアを満喫!」という
コピーがつけられており、途中、のんびりとサービスエリア巡りをするという便だ。
ただ、どこのサービスエリアでどれだけ休憩するかは説明されておらず、
通常5時間10分の行程を6時間20分かけて走ることになっていることから、
休憩時間が通常より1時間多いということぐらいしかわからなかった。
実際に自分が利用した便の休憩サービスエリアと休憩時間は下記の通り。

恵那峡SAで約15分
諏訪湖SAで約50分
談合坂SAで約15分

休憩回数を増やすのはいいのだが、
サービスエリアを満喫といっても特にすることはないので、
ひとつのサービスエリアで50分休憩されても・・・という気がする。
諏訪湖SAは「ハイウェイ温泉 諏訪湖」があり、
これに入ってもらうことを想定しているようでもあるが、
自分が見ていた限り、乗客で温泉に入っているひとはいないようだった。
画像

画像

まあ、考えてみればこの時間帯は名古屋から東京に帰るより、
名古屋から東京に出かけるひとが多いはずで、
もし、温泉に入ってその濡れたタオルを持ったまま、
今後何時間も移動するのかと思うと利用に躊躇してしまうだろう。
(自分がそうだった。)
なので、休憩3回というのはそのままで、
諏訪湖SAでの休憩時間ももう15分にしてしまうというのが
ベストなのではないだろうか・・・。


*なお、本稿を書くにあたって改めて調べていたら、
 この便が発表された当時のアナウンスが出てきて、
 それによると休憩サービスエリアと時間はこうなっていた。
 http://www.tiketking.co.jp/bus/tabisaku_sa-nagoya.html
 (存在しているがリンクは見当たらない。)

 駒ケ岳SA 30分
 諏訪湖SA 40分
 双葉SA  40分
 釈迦堂PA 60分
 談合坂SA 30分

 せっかく企画してはみたものの、
 客からやることもないのに休憩しすぎという批判が出て、
 おそらく現在の形に落ち着いてきたのではないかと思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い