「RAKU SPA GARDEN 名古屋」行って来ましたが・・・。

設計思想として面白いと思ったことがいくつかあった。
まずひとつめ。
入館時に脱衣所のロッカーキーが指定される。
自分で空いているロッカーを探す必要はないし、
渡されたロッカーキーバンドひとつで館内のすべての清算ができる。
花しょうぶの清算用バンド&ロッカーキー方式よりはかなりスマートな印象を受けた。
ふたつめ。
岩盤浴の中に窓があって外が見えるようになっている部屋がある。
自分はこういうタイプは初めて見たので軽く衝撃を受けた。
(厳密には岩盤ではなくてロウリュウとかをやる板張りの大部屋サウナだが・・・。)
立地が少し高いということと4階?に位置しているので
見晴らしが良くて開放的な感じがしてかなり気持ちよかった。
みっつめ。
壷湯は丸いやつだけではなくて、西洋のバスタブみたいな形のものがあって
思いっきり体を伸ばして入れるのでよかった。
また、ここは真上を見られるようになっており、
空を見ながら入れるので気持ちがいい。
そして設計思想でダメだと思った点は・・・
4万冊あるというマンガの格納のしかたがムチャクチャ。
バラバラの場所に本棚があって、そのすぐ前にひとが寝転がるようになっているところがあり
全体の20~30%は前のひとがじゃまで近づくこともできなかった。
書庫として1箇所にまとめろよ、常識として。
あと細かなところで配慮が足りないと思うことがいくつもあった。
ある男子トイレでは大1小2の構成なのに
大人用スリッパが2セットと子供用スリッパが1セットしかない。
大使用中でひとりが小使用中だと、待ってなきゃいけないじゃん。
実際にはその状況下で、大人が子供用スリッパを使用していた。
大人用スリッパは3セット置きなよ。
また、浴室内でガラス戸のどちらを開ければいいのかがわかりにくい。
よく見ると→シールが貼ってあるのだが、そのシールが小さすぎる。
あっちは締め切りでこっちを使うというならそれがはっきりわかるようにしようよ。
あと(まだあるんかい!)、客層のレベルが正直今まで見てきた中で1番低いと感じた。
具体的には赤ちゃんを連れてきている客が何組もいる。
中にはどう見ても生まれて数週間の子を連れてきてるひとがいる。
(もしかしたら数日かもしれない。)
それいかんでしょ。
レストランではガキが泣きっぱで騒然としてるし・・・。
M4Fなどがあってどこに何があるのかわかりにくいこの独特な設計が
非常にカオスな感じを生んでおり、それが案外人気になっているのかもしれないが
自分はもう少しきちんとフロアが整理されてちゃんと分かれているほうが好みだな・・・。