新Googleマップ超絶劣化?・・・。

「Googleマップ、ゼンリンとの契約解除で超絶劣化」と大騒ぎになっているが、
こんな手描き以下の精度の地図wwwなどの素人発言があまりにも多いので、
プロの意見を述べておきたい。
最近自分がよく行っている場所のGoogleマップを見てみると・・・
施設の名前こそ入っているが、ベースになっている地形は以前の団地のまま。
画像

旧のGoogleマップはもう確認できないがゼンリンからデータ提供を受けている
ヤフー地図を見るとどんな感じだったのかはわかる。
画像

みんなはこういうケースを見て、新Googleマップないわ~と言っているのだろう。
もうひとつ見てみよう。
画像

スシロー入ってるやん。
いやダメだね。スシローの建物はこんな形じゃないから。
これは昔ここにあったビルの形を使ってそのままスシローにしてしまっている。
画像

この2箇所を見ただけだが、新Googleマップがどのように作られているのかはだいたいわかる。
①道路形状や建物形状はGoogleの所有している衛星写真から取得。
 (おそらく大部分は自動的に処理しているはず。)
②緯度経度情報を持つ施設名データを地図上に展開して、
 当たった建物に店舗用の色をつける。
なので、道路が入ってないとか、建物が入ってないというのは
単にデータ作成時にGoogleの所有している衛星写真には写っていなかっただけなのだ。

Googleが地図編集に関してはド素人だというのは前からよく知っているが
新Googleマップをあまり責めるのはかわいそうだろう。
素人なりにやってはいるし、所有している衛星写真なりの精度は保っているよ。
(プロの自分から見たら子供の遊びにしか見えないけど。)
地図メンテナンスには膨大なコストと手間がかかる。
①②だけをやって出来上がりとしてしまったGoogleを笑うのは簡単だが、
無料で提供されている新Googleマップの不出来を一般人が批判するのはおかしい。
君たち、Googleマップに金を1円だって払ってはいないだろう・・・。