「シャープさん、どう考えてもぼったくりでしょ・・・。Λ Λ」

あまりにもトンチンカンな意見ばかりなので、自分の見解を述べておく。
原価マスク(笑)がいくつか販売されているので、
現状、既製品を輸入しようとしたらどれくらいなのかはほぼはっきりしている。
トリニティ仕入れ価格1,469円
これに諸経費(輸送費・関税・倉庫手数料・カード決済手数料・消費税等で)707円をプラスして
販売価格2,176円
後発のサムライワークスは内訳は不明だが販売価格1,925円。
こちらは諸経費のところは大差ないと仮定して、
1,925円-707円で仕入れ価格を1,218円としておく。
この1,218円~1,469円(1枚当たり24.36円~29.38円)の価格帯は
他社が3月に中国からの輸入の見積もりでもらったという仕入れ原価最低価格1枚24円とほぼ一致している。
この24円には工場側の利幅がのせられており、それをいくらと読むのはむずかしいが
計算が楽なように4円と仮定すると、原材料高騰うんぬんは言われていても
中国の工場で作るとしたら1枚20円、50枚1000円で作れるのではないだろうか?

シャープ公開の映像を見ると1ラインに8人ついているが、
ふたりはどう見ても遊んでいるので、1ライン6人で2ライン12人と考えるのが妥当。
またシャープは24時間体制で作っていると言っているので、
日産15万枚での人件費は時給2,000円と仮定して576,000円、
1枚あたりの人件費は4円くらいになる。
中国工場とシャープの人件費の差は不明だが、
倍かかっていると仮定して人件費割り増し分を1枚当たり2円と仮定。

>不織布は全体の4割が輸入に頼っていてそのおよそ半分が中国からとなっていますが、
>新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、調達が難しくなっているということです。
>このため「旭化成」や「三井化学」などほかの大手化学メーカーも
>国内での不織布の増産に乗り出していて、
>生産体制を拡充する動きが広がっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200413/k10012384671000.html

シャープが原材料の不織布をどこから買っているかは不明だが、
国内産なら中国での生産と比較して特に割り増し分は考える必要はない。
ここではまあ考えないことにする。
そうすると、シャープは1枚22円、50枚1100円で作れているはずだ。
こう言うといやいやマスク製造機は1台2億、2ラインなら4億なのに、
それをどうやって償却するんだよ!と言う人が出てくるだろう。
これだから無知なやつは困る・・・。
1台2億は瑞光製のマシンの価格で、それはこんなん。
mask_line_1.png
EWl_K5zUMAIRq88.jpg
ニュースの映像で見る限り、たぶん本職のエリエールとかは2億クラスのマシンを導入しているが、シャープのマシンは2億もしないよ。
↓シャープのマシン
https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO5715310024032020000001-PN1-2.jpg

まあ見た感じは5,000万円クラスのマシンで、
そもそも補助金は1ラインにつき上限3,000万出てるのよ。
そうするとラインの費用は4億ではなく足が出ている4,000万円。
これをどれだけの期間で償却するかだが、1年で償却するとして、
1日当たり約11万円で償却できる。
シャープは日産15万枚生産しているので、
1年ではなく半年償却としても1枚2円の割り増しでおつりは来る。
そうすると減価償却を考えてもシャープは1枚24円、50枚1200円で作れているはずだ。
なので結論的には2,980円/箱 (50枚入り、税抜、送料別). でシャープは1箱あたり1780円くらいの利益があるので、1日当たり1,780*3000箱→500万円、1ヶ月当たり1億6000万円の利益をあげていると思われる。
50枚入り、税抜、送料別だと1,500円ぐらいが妥当じゃないんですかね?シャープさん・・・。Λ Λ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント