天皇賞春・NHKマイルシップの反省とヴィクトリアマイル予想・・・。

いや、自分自身の予想反省以前に・・・
NHKマイルシップで勝つ意思と戦略を持って乗っていたのはルメールとデムーロだけだった。
ウイングレイテストの横山武なんて、
あの先行前残り馬場でわざわざ最後方に下げて行くバカ騎乗で話にならなかった。
いくらできがよくてもあれではダメでしょ・・・。
レシステンシアを負かそうという気持ちがあればあんな位置取りはあり得ない。
ラウダシオンは戦前無印だったがあとで馬柱を綿密に見直した結果、
穴馬として押さえておいてもいい気がしてきた。
牡馬で負担重量57Kの経験があったのはラインベックとラウダシオンの2騎だけで
連対実績があるのはラウダシオンだけ。
その前走ファルコンステークスで0.2秒差1着のシャインガーネットは負担重量54K、
3K差で机上の計算では逆転できたはず。
当時の自分の評価ではシャインガーネットは5番手評価であり
少なくともシャインガーネットと同等の評価をしておくべきだった。

◎14ルフトシュトローム →5着
〇02タイセイビジョン   →4着
▲03レシステンシア   →2着
△17サトノインプレッサ →13着
△05シャインガーネット →6着
△06ギルデッドミラー  →3着

前走で自分の高評価馬と同等あるいはそれ以上のパフォーマンスという意味では
自分は天皇賞春の予想でも同じミスをしている。
当時、自分は日経賞2着モズベッロを高く評価して対抗にしているが、
日経賞でモズベッロに先着のミッキースワローと同タイム3着のスティッフェリオを無印にしてしまっている。
日経賞からの負担重量増はモズベッロ+2Kに対してスティッフェリオは+1K、
机上の計算では逆転の可能性も考えておく必要があった。

◎03トーセンカンビーナ →5着
〇01モズベッロ     →7着
▲14フィエールマン   →1着
△07ユーキャンスマイル→4着
△11メイショウテンゲン →8着

この補正の考え方なしでの自分の従来の予想では・・・
◎18サウンドキアラ
〇09セラピア
▲12アーモンドアイ
△05プリモシーン
△02ビーチサンバ(調教捜査官本命Λ Λ)
△16ノームコア

NHKマイルと天皇賞春の反省・傾向から考えて、
これに追加して考えないといけない馬が1騎いる。
それは前走サウンドキアラの0.2秒差2着のスカーレットカラー。
前走からの負担重量増はサウンドキアラ+1Kに対してスカーレットカラーは+0K、
ビーチサンバを穴馬として挙げている人が多いが、
もし穴をあけるとしたらスカーレットカラーなのではないだろうか・・・。
(鞍上弱化は少し気になるが・・・。)

補正後の予想

◎18サウンドキアラ
〇09セラピア
▲12アーモンドアイ
△14スカーレットカラー(新)
△05プリモシーン
△02ビーチサンバ(調教捜査官本命Λ Λ)
△16ノームコア

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント