クリスタルゲート名古屋行ってきましたが・・・。

結構いいほうで名前が挙がるほうに分類されているクリスタルゲートに行ってみた。
他との決定的な違いというのはまず駐車場の構成。
部屋数43に対して27台とやや少ないが、これは場所が3ヶ所に分かれている。
まず、1Fの駐車場スペース、2Fの駐車場スペース、そして隣の敷地にある第2駐車場。
初見ではおそらく2Fにはいけない。
自走式ではなくて車用のエレベーターがあるのだ。(こんなん初めて見た。)
DSC_1166.JPG
2Fには行ってないが、フロントが3Fにあって部屋は4Fから始まることを考えると
2Fは全部駐車場になっており、1、2Fでそれぞれ12台くらい?、
第2で3台くらいの構成になっているのだろう。

フロントのシステムも他とはやや違う。
選択用のパネルは空き関係なしで全部屋見れるのが一般的だがここは違う。
まず、パネル上でメンバーズカードを持っているかどうかを問われ、
その後に部屋のグレードを選び、
選んだグレードの中での空き部屋のパネルが出るようになっている。
(気に入らなかったらそこからグレード変更)
自分はAからB、Cへと順に高くなることを知っていたので何も戸惑わなかったが、
ホテルのよってはグレード逆順のところがあるので、これもまあ初見殺しだといっていいだろう。
一応、部屋のパネルが出たところで、主要な設備がわかるようになっているが
ここで注意したい点がある。
クリスタルゲートの場合、全部屋にカラオケがついているわけではない。
(本当かどうかは不明だが、問い合わせの回答は半数程度とのことだった。)
自分が事前にホテルに問い合わせした時の回答では、
カラオケがついているかどうかはパネル選択の時にわかるということだったので
これが本当だとしたら、設備の一覧のところに「カラオケ」があるならカラオケあり、
ないならカラオケはないということになる。
もうひとつ注意することは、部屋のパネルの写真で天井のスピーカーが見えていても
それはカラオケがあることの証明にはならないということ。
クリスタルゲートはVODがあり、その音響用のスピーカーをつけているので
天井のスピーカーではカラオケあるなしの判定はできない。
(いや、あなたカラオケにこだわりすぎじゃ・・・Λ Λ)
自分は設備一覧にカラオケ表示がないのはわかっていたが
写真で天井のスピーカーが見えていたのでまあいいかと思って入った部屋にはカラオケがなかった。
で、フロントにすぐ電話してカラオケのある部屋に変えてほしいんですけどと言うのだが・・・。
これが恐ろしいほど話が通じない。
しばらく待たされて、まず「同じグレードの部屋では空きがありません。」の回答。
(いや、それは知ってる。このグレードCは空きひとつしかなかったから。)
「いや、グレードが上がってもいいから」と自分。
「・・・1時間ほど待っていただいてもいいですか?」
「はい?」
よくよく聞いてみると、電話に出てくれている人はカラオケがどの部屋にあるかはわからず、
わかるひとが別の仕事をしておりそのひとが戻ってくるまで、
どこの部屋にカラオケがあるのかはわからないとのこと。
「あっ(察し)、わかりました。ありがとう・・・。」
いや、ちょっと待とうよ。フロントが各部屋の装備を把握してないとかある?
まあ、前に電話した時も覚束ない感じだったから、
ちょっと信じられないが、部屋の装備を把握してないひとにフロントをやらせているようだ。
素人にフロントやらせるにしても、マネージャーが装備一覧表ぐらい作って置いといてやれよ。
パネルのところに置いてある電話でいろいろ聞かれることもあるだろうに
その時も「わからない・・・。」と答えるのかよ!
で、ここでパネルのところまで話を戻すが、
パネルで部屋を選んでからも、ちょっと他のホテルとは違う。
カードキーが出てくる機械(ホテルA1式)も、
伝票が出てくる機械(ホテルLUXE式)もパネルのところにはない。
カードキーはパネル横の小さなフロントスペースに人が出てきて、
そこでめっちゃ対面で受け取ることになる。
コロナ対策でフロントスペースはビニールシートが垂れ下がっているが
もちろん透けてるので思いっきり顔見られます。(まあお互いなんだけどΛ Λ)
いや、コレ、どうなの?
アドバイスしておくけど、ラブホなんだからこの対面方式やめたほうがいいよ。
絶対、これがいやで来なくなるひといるから。
どうせ防犯カメラがあるからこっちの顔が全部見られて録画されているのは承知だけど、
お互い直接顔見せする必要はないんじゃない?
フロントのおねえさんも客の前に顔出すのはイヤなのでは・・・。

部屋はこぎれいでシンプルな構造で、ラブホというよりも、普通のホテルみたいな感じだった。
設計・運用上優れていると感じたところは・・・。
①ハンガーが4つある。
②床でカーペット仕様のところがない。(濡れた足でペタペタ歩いても平気)
③洗面台で使ったタオルをかけるバーが設置されている。
(みんなこれやればいいのに、ほとんどのホテルにはこの装備はない。)
④シーツが綿100%みたいな肌触り。
(めくって表示を探したわけではないが綿100%感だった。)
⑤お泊りだったら朝食は無料(和洋取り混ぜてパターンが8種類もあった。)
DSC_1165~2.JPG
⑥木の扉をあけるとそこは窓で外の景色が見られる。
⑦タオル等が個別に完全に袋入りになっている。
⑧朝食は予約した時間に1分のずれもなかった。
(これはすごい。普通は面倒くさがって少しくらい早く持って来る。)

んっ?どうなんだ?と思った点は
①一見するとこぎれいなのだが、よく見ると内装はかなり安普請。
DSC_1164.JPG
②朝食の味付けのりが完全にしけてる。(おいおい。)
③(見たところたぶん)自動精算機が1台しかなかった。
④トイレ狭っ(バスルームは普通に広いのに)
⑤洗面台やや狭い。

ここの口コミで空調が部屋単位で調整できないというのを読んだことがあるが
少なくとも自分の入った部屋はエアコンのスイッチがあり普通に調整はできた。
発行されているクーポンをよく見ていると期間限定で50%になるものもあるので、
その割引率で宿泊できるならひとつの候補として考えてもいいだろう・・・。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント